teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


iOS

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2016年 3月24日(木)21時12分11秒
  アマゾンより回答があり、本文中に見えないユニコード文字があってiOSに非対応になっていたとのことでした。修正しましたので、再チャレンジしていただけると幸いです。  
 

iPadでkindle

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2016年 3月18日(金)15時11分28秒
  いろいろご購入ありがとうございます。

ググッてみると、iOSでそのようなことがたまに起きるようですね。

著者としては端末やアプリの設定ができないので、アマゾンに問い合わせました。
 

iPadでkindleの「お気楽論」を読めない

 投稿者:質問です  投稿日:2016年 3月18日(金)14時22分31秒
  こんにちは

Amazomで,お気楽論を購入しようとすると,「お客様のアカウントに登録されたKindle端末またはアプリで、このコンテンツが読めるものは見つかりませんでした」と表示されます。

小脳論と理想論は購入できました。
端末は iPad mini 4,アプリは kindle for iPad 4.18 です。

対応していないのでしょうか?

追伸:
今回購入できなかったアカウントとは別のアカウントで,一昨年か昨年に,お気楽論を購入したことがあります。
そのときの端末は,iPhone6Plusでした。
 

(無題)

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2015年 7月17日(金)09時57分44秒
  参考になったとのことで、良かったです。

小さな失敗はしないよりした方がいいと思いますよ。
 

感情ではなく五感に理解納得しました!

 投稿者:みるき  投稿日:2015年 7月16日(木)15時12分39秒
  返信ありがとうございます。
感情ではなく五感なんですね!もう、全て理解納得しました。

私は論理より感情で反応・行動していたため、失敗を繰り返してきました。
それに気づかせてくれる人と出会い、感情よりも論理で考え行動するよう心がけていましたが…

感情で価値観を決めるのかと思うとは・・・、危うくまた失敗しそうになっていました(笑。

「五感と経験をもって価値観が生まれる」そこには論理的思考も必要だと感じました。
早速、自分の現在の価値観について確認作業に入ろうと思います。

大変参考になりました。小脳論サイトのその他のページも拝見したいと思います。
ありがとうございました。
 

感覚

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2015年 7月15日(水)16時05分51秒
  みるきさん、こんにちは。

世間一般にはみるきさんがおっしゃっているように経験と感情が価値観を作っているような気がしますね。でも僕が感覚といっているのは主に五感のことです。

感情で価値観を形成すると、自分の少ない経験を単純に拡張して、結婚はスバラシイとかサイアクだとか極端な決め付けに至りがちです。じゃあ五感に基いて結婚について考えるとどういうことになるかというと、結婚を五感で直接捉えることはできませんので、「五感に基づく価値観が合う人と結婚するといいけど、そうじゃない場合はサイアク」とか、「結婚とは価値観の違う2人が価値観をすり合わせる過程である」という具合にメタレベルの話になってくると思います。

僕のそういう五感重視の価値観によると、「感情は五感を鈍くさせるので、なるべくクールでいた方が良い」ということになり、感情に基づく価値観とは相容れない場面がときどき生じます。
 

感覚とは、心の感覚の事?

 投稿者:みるき  投稿日:2015年 7月15日(水)12時56分51秒
  ぶんようさん、こんにちは。
自分はどんな価値観をもっているのか、そもそも価値観ってナンだ?と考えた過程で、「価値観」のキーワードで、小脳論のサイトにたどり着きました。
【価値観とは何か】のページで、“価値観は「自分の感覚」と「自分が経験した物事」との結び付きによってできている。”とあります。
ここで「“感覚”ってナンだ?」とまた考えたのですが(笑。
“感覚”とはいわゆる“感情”のことなのかなと思いました。心の感覚である喜怒哀楽という感情と経験した物事が価値観を生み出す。例えば、結婚をして幸福感を感じたとしたら、「結婚は素晴らしい」という価値観が生まれる。反対に、結婚をして夫婦間の諍いが絶えない状況であれば、「結婚は最悪だ」という価値観になる。
・・・というふうに、「“感覚”は感情だ」と私は考えたのですが、ぶんようさんのいう“感覚”は“感情”でしょうか、それとも違うものでしょうか。

http://www.asahi-net.or.jp/~NG1F-iST/valuation.html

 

時間軸

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2013年11月25日(月)20時18分52秒
  rinさん、こんにちは。

今僕も読んでみましたが、どうも終盤のそのあたりにはすごく飛躍がありますね。その文章を書いたのは10年以上も前なので、何を言わんとしていたのかすぐに思い出せません。多分、自分の中にある情報や価値観といったもの全てが「今」の範囲にあるので、その外側に今以外の時間があるということじゃないかと思います。今の範囲を広げる=自分の範囲を広げる、ということになります。

文中の「今」と「主観的な時間軸」と「主観的な時の流れ」というリンクワードをクリックして、その先にある文章も読んでみて下さい。
 

「主観的な時間軸が必要だ」の記事についての質問

 投稿者:rin  投稿日:2013年11月25日(月)19時08分2秒
  こんにちは。「時間軸」という検索でやってきた者です。
「主観的な時間軸が必要だ」の記事の終盤に「過去や未来に到達するには「今」の範囲をどんどん広げていくしかない。」「主観的な時間軸における未来や過去は「自分の知らないことや自分とは違う価値観」の中にあるのだ。」と書いていらっしゃいますが、そこのところをもう少し詳しくお聞かせいただけませんか。

「主観的な時間軸の方向は自分の可能性を開拓していく方向であり、その方向に進むのにはそれなりの努力が必要である。」というのには同感なのですが、なぜ未来や過去が「自分とは違う価値観」にあると書かれていたのかお聞きしたいです。また、「今の範囲を広げる」
とはどのようなことを意味されているのでしょうか?

乱文失礼いたします。
 

(無題)

 投稿者:ぶんよう  投稿日:2012年 7月 6日(金)11時35分41秒
  H3LL0, D4WK1N5.

もちろん、信じるのと疑うのは違いますが、
信じることも疑うことも、自分で確認せずに決め付けるという意味では同じです。
クレバーであることは良いことなのでしょうか?
 

レンタル掲示板
/11